一人暮らし【お金】

【一人暮らし】スタートまでにかかった費用まとめ【準備金】

こんにちは、もこちゃんです(^^)/

ここまで、一人暮らしの決心から実行までを記事にしてきました。

一人暮らしにかかるお金のこと、一番不安といっても過言ではないですよね。

今回は、一人暮らしをスタートするまでにかかったお金にテーマを絞って書いていこうと思います。

【こんな方に参考にして欲しい!】

・節約目的ではなく、家具や家電は出来るだけいいものをそろえてスタートしたいけど、

それだといくらぐらいかかるか分からなくて不安な方

・初めての一人暮らしで、おさがりなどはもらわず、自分でイチから新品家具・家電を揃えて一人暮らしをスタートしたい方

・引っ越しは友人や家族に頼らず、引っ越し業者さんにお願いしたいという方

 

実際私も同じような気持ちでした。

「運よく知り合いからおさがり家電や家具をもらって節約できた♪」

「引っ越し業者は使わず友達に手伝ってもらった♪」

友人の中には、そう言っている人もいましたが、

私はおさがりが苦手だから全部新品で揃えたいし、

荷物の運搬を家族に頼るのもちょっと気が引けるし、

やるなら引っ越しのプロ・業者さんに頼みたい!

そう思って予算を立てました。

一人暮らしを始めるにあたり、私は十分に、納得いく範囲でお金をかけました。

これを見てくださっている方は、自分にあった必要不必要を選択すれば、

これより費用を抑えられる場合もあるし、

また、もっとお金をかけても大丈夫という方も、

このくらいあれば、とりあえずそこそこの新生活が始められるんだな!

という、ひとつの指標になると思います。

それでは、私が一人暮らしを始めるまでにかかった費用について、

書いていきたいと思います。

一人暮らし準備金(調査費)8,368円

引っ越し先の調査のための宿泊費:6000円

その日の食事代(朝・昼)    :2368円

こちらの記事に書きましたが、心配や不安を減らすため、現地調査した際の費用です。

これは必ずかかるものではありませんので、不要ならばかけなくてもよい費用ですね。

私は心配性アラサーOLなので(笑)

一人暮らし準備金(日用品費・事務用品費)25,376円

当日から使いたい日用品(こちらの記事で一例をご紹介しました)や、

事務用品などの購入にかかった費用:25,376円

どれを当日自分で持参するか、ダンボールにつめるかをしっかり決めておきましょう。

一人暮らし準備金(家電・家具の購入費)377,754円

家電や家具の詳細は準備編⑨-1準備編⑨-2準備編⑨-3にて

詳細に記事にしておりますのでよかったらご覧ください。

すべて新品の家具・家電にこだわった私の合計金額は377,754円でした。

一人暮らし準備金(引っ越し業者)45,000円

一括見積で決めた引っ越し業者さん(私はアート引越センターさんに依頼)の

引っ越し代金は45,000円でした。

繁忙期と閑散期で金額が大きく変わるようです。

私は8月末の引っ越し、単身でこの金額でした。

一人暮らし準備金(敷金・仲介手数料など)302,952円

私の契約した物件は、礼金0円でした。

敷金(保証金)と仲介手数料の合計金額は30,2952円でした。

【一人暮らし準備金】総額:759,450円

私の一人暮らしにかかった初期費用は、合計で759,450円でした。

自分向上のための、自己投資ですね。

お金はかかるけれど、満足のいく自分の家具・家電に囲まれたお部屋で

毎日を過ごせるという達成感は、何とも言えない感動でした。

 

以上、私の一人暮らし初期費用でした。

これから一人暮らしを考えている方のご参考になれば幸いです!

ABOUT ME
もこちゃん
真面目一徹心配性アラサーOL。 心配性が過ぎて一歩踏み出すのに、とにもかくにも時間がかかる。 そんな私が、自立への強い思いから、 心配や不安を極力なくした上で、思い切って新生活を始めました。 まだまだ達成したい目標は山積み。 ここに記しながら、一歩一歩、着実に叶えていくのが夢です。