一人暮らし【お役立ち情報】

【一人暮らし】快適な室温・湿度とは?【快適なお部屋】

こんにちは、もこちゃんです(^^♪

毎日を過ごすお部屋。それを快適に過ごせるかどうかの要素は様々ありますが、

そのうちのひとつに、季節ごとの「快適な室温」・「湿度」があります。

健康を維持するために、室温・湿度を意識することはとても大切です。

実家時代から、私は部屋の室温・湿度にはこだわってきました。

快適な室温・湿度で過ごしたくて、

私にしては奮発して、10000円以上するSEIKOの温湿度計付きデジタル電波時計を購入したほどです(笑)

今回は、季節別に快適な室温・湿度について、書いていこうと思います。

季節別・快適な室温・湿度を知る

ご存知の通り日本には、四季があります。

季節に合わせて服装を変えるのと同じように、湿度や湿度もコントロールできれば、

1年通して快適に過ごせますよね。

それでは、季節別の快適な室温・湿度について、確認していきましょう。

春2月、3月、4月:室温23℃~26℃、湿度45%~60%

少しずつ、冬の寒さがやわらぐ春。

とはいえ、2月と4月では気温は大きく異なりますよね。

春の初めはまだ気温も低く、油断すれば寒の戻りで体調を崩しかねません。

ちなみに私は毎年、インフルエンザの終息=春だと思っています(笑)

(個人的には3月下旬までは冬扱いなのかもしれない・・・)

感染症対策のための快適な室温・湿度を保つことこそ、健康・安心な生活の基本です!

一般的に、インフルエンザウイルスが活発になるのは、

室温約20℃以下、湿度が40%以下と言われています

部屋の乾燥は健康維持の大敵です。

エアコン暖房でお部屋は暖まりますが、湿度のキープが本当に大変・・・!

なんの対策もしなければ、冬場なんてすぐに湿度30%台になってしまいます。

加湿器と洗濯物の部屋干しで、部屋の湿度を少しでも高くして、快適に過ごしましょう。

☼夏☼5月、6月、7月:室温25℃~28℃、湿度55%~65%

5月にもなると、上旬には安定して暖かくなり、

しばらくエアコンをつけなくてもいい日が続くと思います。

下旬には最高気温が30℃近くにもなり、一気に夏らしくなります。

加湿器をしまっても、湿度は40%以上をキープできる季節ですね。

6月から7月には、梅雨が訪れます。

冬場、あれだけありがたかった湿度が十分すぎるほどに高まり、

今度はカビ・ダニが活発になってしまいます。

洗濯物を部屋干しすれば、あっという間に湿度が70%を超え、ムシムシとしてきます。

エアコンは、だいたい25℃~28℃を目安に、

(注意!体感温度には個人差があります。暑い寒いを我慢してはいけません!)

自分が過ごしやすい温度に設定しましょう。

気温は一日中同じではありませんので、

朝や夜中は弱めて、暑くなる昼には強めるなど、熱中症に気を付けながら

室温・湿度をキープしましょう。

☽秋☽ 8月、9月、10月:室温23℃~26℃、湿度45%~60%

8月から9月上旬は、まだ夏の名残がのこる残暑の季節。

春と同様、季節が進むにつれて、室温や湿度も調節していく必要がある季節です。

冷房から暖房へ切り替えが必要になる季節、そして、加湿器の出番も近いでしょう。

エアコンを使わず過ごせるよい季節のうちに、

次に来る季節、冬に備えてフィルター掃除などのメンテナンスをしておきましょう。

冬11月、12月、1月:室温23℃~25℃、湿度45%~60%

秋が終わり、当然のことながら気温は下がり、空気が乾燥した冬が来ます。

11月頃、暖房をつけずに室温が18℃ほどまで下がるようになると、

いよいよ肌寒く感じるようになります。

また、乾燥する冬はインフルエンザや感染性胃腸炎などが流行します。

罹ってつらい思いをしないためにも、適温・適湿の環境を整える必要があります。

冬が本格化する12月から1月は、空気がカラカラになります。

春の項目にも書きましたが、

一般的にウイルスは室温約20℃以下、湿度が40%以下の環境で活発になります。

エアコン暖房だと、どうしても空気が乾燥してしまいますので、

お部屋の広さに合わせた加湿器を使うことをお勧めします。

<湿度を上げる方法>

①お部屋の広さに合わせた加湿器を使用する。

②洗濯物を部屋干しする。

③入浴後、お風呂のドアは開放しておく。

<室温を下げにくくする工夫>

①ホームセンターなどで帰る断熱材を窓に設置する

②長さに余裕のある、厚手のカーテンに変える

お部屋の広さに対して、加湿器があまりにも小さすぎると、あまり湿度は上がりません。

毎日洗濯するのはなかなか難しいと思いますので、

洗濯をしない日、冬場には加湿用のタオルを複数枚用意しておき、

乾燥がひどいときにハンガーにかけておくのも有効だと思います。

 

今回は、季節別の快適な室温・湿度について書きました。

一人暮らし生活を健康に・安心して過ごすために、

ぜひ、快適な室温・湿度で過ごせるよう、工夫してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
もこちゃん
真面目一徹心配性アラサーOL。 心配性が過ぎて一歩踏み出すのに、とにもかくにも時間がかかる。 そんな私が、自立への強い思いから、 心配や不安を極力なくした上で、思い切って新生活を始めました。 まだまだ達成したい目標は山積み。 ここに記しながら、一歩一歩、着実に叶えていくのが夢です。