一人暮らし【準備】

【準備編②】心配性アラサーOL 一人暮らしの決心から実行まで

【4ヶ月目】第一回目:不動産会社訪問

2019年4月7日。予約を入れていた候補地の駅前すぐの不動産会社さんへ。

(希望条件をネットであらかじめ登録して予約しておいたので、

できる限り条件を満たした物件を調べておいてくれました)

初めての不動産会社訪問なので、これまた入念に条件を書き出したメモや

内見に必要なものなどをネットで事前に調べて、持参していきました。

担当してくれた男性社員さん曰く、引っ越しシーズンが過ぎて、

今(4月)はオフシーズンとのこと。

物件も、いいところは埋まってしまって、掘り出し物件があるかないか、そんな時期だとのことでした。

私個人的には、急ぎの用で引っ越しをするわけではなかったので、

そこは気になりませんでした。

初心者なりに、贅沢なくらいの希望条件を伝えて、比較的条件に当てはまる物件が

この日は2件あったので、内見させてもらうことになりました。

内見1件目の物件:

①築3年以内

②二階の部屋

③南向き

④最寄り駅から徒歩20分

⑤間取り:1K

⑥木造

⑦コンロ2口以上

 

内見2件目の物件:

①築3年以内

②二階の部屋

③北向き

④最寄り駅から徒歩15分

⑤間取り:1K

⑥軽量鉄骨造

⑦コンロ2口以上

以上の2件を内見させてもらいましたが、

正直、ピンとくるものがなく、2件目に見た物件のほうがいいかな、程度の感想でした。

そのため、今回は決めるのを見送りました。

不動産会社の方から聞いて知ったこと

・間取りについて:1DKは少し古い物件(少し前に流行った間取り)なので、

単身引っ越しなら、1Kがメインになっている

・物件の清掃等行き届いているか、

ゴミ集積所や、共用部分が綺麗かは確認すべき。

(内見時、実際にあったので書いておきますが、

住んでいる人のガムやタバコのポイ捨てなどがあると、

今後やっぱり不安ですよね?)

※地下にゴミ捨て場がある物件の場合、その真上の部屋は、

虫やにおいの問題がある場合もあるとのこと。

今回、物件の決定は見送りましたが、

実際に足を運ぶと得られる情報はやはり多かったです。

そして、条件も より具体的になりました。

・実家からも職場からも電車で30分ほどの場所

・電車では必ず座れるように、始発列車のある駅

・一般的な目安となっている、手取り収入の3分の1ほどの家賃の物件

・駅から徒歩10分以内、1k以上の物件、2階以上

・最低でも築3年以内の築浅物件

・防犯セキュリティ対策がしっかりしている物件

・(優先順位は低いけど)憧れのスタバがあったらうれしいな(笑)

<以下、追加条件>

・追い炊き機能

・独立洗面化粧台、バス・トイレ別

・テレビモニター付きインターホン

・コンロ2口以上

・できれば南向き

浴室が玄関・窓側に面していない物件

最後の浴室が玄関・窓側に面していない物件にはこだわりました。

(女性の心理的に、浴室の位置が壁一枚隔てて外、

というのはちょっと気が引けるじゃないですか・・)

我ながら、贅沢すぎるほどの条件でしたが、

結論を申し上げると、のちにそれを満たす物件と出会い、

今はその物件で快適な一人暮らし生活をしています。

自分のためのお部屋選びは、妥協しないでいい!

自分向上のための一人暮らしをしたいなら、

じっくりじっくり決めましょう。(ピンとこないのに無理に決めない。)

次回は、第二回目の不動産会社訪問・理想の物件との出会いについて、

書きたいと思います。

ABOUT ME
もこちゃん
真面目一徹心配性アラサーOL。 心配性が過ぎて一歩踏み出すのに、とにもかくにも時間がかかる。 そんな私が、自立への強い思いから、 心配や不安を極力なくした上で、思い切って新生活を始めました。 まだまだ達成したい目標は山積み。 ここに記しながら、一歩一歩、着実に叶えていくのが夢です。