一人暮らし【準備】

【準備編③】心配性アラサーOL 一人暮らしの決心から実行まで

【5ヶ月目】小休止。再びもやもや状態・・・

 

物件は決めなかったものの、意を決して行った、不動産会社訪問。

その翌日、4月8日、月曜日。

気持ちのキープのため、職場で一人暮らしをしたいと考えている旨を伝え、

会社からの補助(住居手当の金額など)について、お伺いを立てました。

私の職場では、一人当たり10000円の補助金が出るとのことで、

これを見込んで、より具体的に、自分が出せる家賃の上限を決めました。

(一人暮らしにかかったお金については、また別に書いていきたいと思います。)

家賃の上限を具体的に設定するためにも、

会社の補助などについて、前もって確認しておきましょう。

突き動かされるように、周りから準備を固めているつもりでしたが、

そこからまた約1か月。

住民票の写しを市役所へ貰いに行ったり、

コートをクリーニングに出したり、

雑誌や服を売りに出したり、

そんなちまちまとした行動はとっていたものの、再び消極的になっていました。

賃貸情報サイトを見ても、同じ物件しか掲載がなく、

「なーんか、ピンとこないんだよなー」

次第に、また心配や不安が湧いてきて、決心が揺らいでしまったのです。

このまま、また時間だけが経ってしまいそう。

弱気になっていた、そんなころ・・・

【運命の出会いは突然に・・・】

マンネリ期にどっぷりと浸かってしまい、

物件情報にあまり期待しなくなっていたものの、

調査するという行動だけは、なんとなく習慣付いていたので、

その日も物件を検索していました。

すると・・・

「おおお!!!」

体温が、ブワーッと上がる感覚。

「これぞ理想の物件だ・・・!!」

たまたま開いた物件情報サイトに、新築物件の情報がアップされていたのです。

いつもは心配やら不安やらが先立って、

なかなか動けない私が、珍しくすぐに、訪問・相談の予約をとる電話をかけていました。

物件の情報を印刷し、じっくりじっくり読み返しましたが、

何度見ても、理想通りなのです。

これが、ピンとくるということか・・・。

たとえモチベーションが下がっていても、

調べることだけは辞めないでいてよかった。それに尽きます。

2019年5月4日。運命の出会い。

ちょうど1年後にこの出来事を、この理想の物件でブログに書いているなんて、

なんだか感動・・・(´;ω;`)

本気で一人暮らしをしたいなら、調べることだけは続けるべし!

(思うように行動できなくても焦らずに)

次回は、この物件を紹介してくれた不動産会社訪問・申し込みなどについて、

書いていきます。

ABOUT ME
もこちゃん
真面目一徹心配性アラサーOL。 心配性が過ぎて一歩踏み出すのに、とにもかくにも時間がかかる。 そんな私が、自立への強い思いから、 心配や不安を極力なくした上で、思い切って新生活を始めました。 まだまだ達成したい目標は山積み。 ここに記しながら、一歩一歩、着実に叶えていくのが夢です。